お問い合わせ

ニュース

2016.12.7

下地中学校のエコな取り組み【環境学習】

下地中学校のエコな取り組み【環境学習】

11月の某日、まだまだ暑い宮古島ですが、また下地中学校に取材に行ってきました!!
下地中学校の周りには、自然がたくさん残っています。
川満マングローブ林をフィールドに環境学習プログラムに関する取り組みの取材です。
まずは、設置板を見てマングローブの基本情報をゲット!!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

今回は特定非営利活動法人 宮古島 海の環境ネットワークのプログラムを利用した授業です。
まずはオリエンテーションです!

11

そして、事前学習ということで環境に対してマングローブがどのような役割を果たしているかを理解するための簡単なお勉強からスタート!

3

立派なヤエヤマヒルギ発見!!
あまりマングローブをみかける事のない宮古島でみかけると、少しテンションが上がります笑

2

最後は、マングローブ林の遊歩道の中にある東屋でオリエンテーションです!
川満マングローブ林には、遊歩道が整備されていてじっくりとマングローブ観察ができるようになっています。
学校の近くに希少な自然環境があるということは、本当に素敵ですね。
逆に身近すぎて、自分たちがいかに恵まれている環境か忘れてしまいがち…
そういう意味でも、下地中学校の取り組みはすごく大切なことではないでしょうか。
自然はわたしたちの大事な共有財産。
学び合いながら守っていきたい…そんな想いを新たにする取材でした!